四季の花

四季の花

2009-04-30(木)  四季の花  Comment(0)  Trackback(0)
地持院には参詣者の心をなごませてくれる、四季折々の花や木が植えられています。

「花語らず」
花はだまって咲き、
だまって散っていく。
そして再び枝に帰らない。
けれどもその一時一処に
この世の全てを託している。
一輪の花の声であり、
一枝の花の真である。
永遠に滅びぬ生命の喜びが
悔いなくそこに輝いている。
(元南禅寺派管長 柴山全慶老師 詞)



写真をクリックするとそれぞれのページへ移動します。

春の花

春の花へ

夏の花

夏の花へ


秋の花

秋の花へ

冬の花

冬の花へ

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/12-dd19bd40
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

四季の花

地持院には参詣者の心をなごませてくれる、四季折々の花や木が植えられています。

「花語らず」
花はだまって咲き、
だまって散っていく。
そして再び枝に帰らない。
けれどもその一時一処に
この世の全てを託している。
一輪の花の声であり、
一枝の花の真である。
永遠に滅びぬ生命の喜びが
悔いなくそこに輝いている。
(元南禅寺派管長 柴山全慶老師 詞)



写真をクリックするとそれぞれのページへ移動します。

春の花

春の花へ

夏の花

夏の花へ


秋の花

秋の花へ

冬の花

冬の花へ