襖絵

襖絵

2009-04-30(木)  襖絵  Comment(0)  Trackback(0)
地持院の本堂、客殿を飾る襖絵は、多年にわたり石をモチーフにした水彩画を描き続け、数々の賞を受賞されている静岡市清水区在住の女流画家杉山侃子(なおこ)氏により客殿新築に際して描かれたものです。 構想に三年、制作に四年を費やした四十四面の襖絵と衝立の大作は、「彼の岸」、「三尊石」、「五十二位の石」など仏教や禅の教えにちなんだものばかりで、見る人の心を幽玄の世界に引き込みます。 美術愛好者などの見学者が絶えません。襖絵はいつでも見学できます。

IMG_1022_convert_20090722145051.jpg IMG_1069_convert_20090722151812.jpg
※番号をクリックすると、襖絵の詳細が表示されます。
t地持院お庭

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/13-e6982f1c
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

襖絵

地持院の本堂、客殿を飾る襖絵は、多年にわたり石をモチーフにした水彩画を描き続け、数々の賞を受賞されている静岡市清水区在住の女流画家杉山侃子(なおこ)氏により客殿新築に際して描かれたものです。 構想に三年、制作に四年を費やした四十四面の襖絵と衝立の大作は、「彼の岸」、「三尊石」、「五十二位の石」など仏教や禅の教えにちなんだものばかりで、見る人の心を幽玄の世界に引き込みます。 美術愛好者などの見学者が絶えません。襖絵はいつでも見学できます。

IMG_1022_convert_20090722145051.jpg IMG_1069_convert_20090722151812.jpg
※番号をクリックすると、襖絵の詳細が表示されます。
t地持院お庭