愛語(あいご)

愛語(あいご)

スポンサーサイト

--------(--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛語(あいご)

菩薩が衆生を救うために用いる四つの方法である四摂法(ししようぼう)の一つ。すべての人に対して慈悲の心を抱き、慈悲の言葉をもって接すること。
(太陽出版、仏教日常辞典より)
 わたしたちは毎日多くの人と会い、言葉をかわしているのですが、心の伴わないうわべだけの挨拶やお礼の言葉を交わしてはいないでしょうか。何げない一言が相手を怒らせたり喜ばせたりしていることもあります。心の底から発せられた思いやりに満ちた言葉を、仏教では愛語といいます。
 道元禅師の正法眼蔵に 「愛語は愛心より起こる、愛心は慈心を種子(しゅうじ)せり」とあります。相手を思う心、慈しみの心から発せられた言葉が真の愛語と言えるのであり、心の伴わない言葉は、どんな優しい言葉でも愛語とは言わないのです。心の底から発せられた思いやりの一言は、相手一人のみならず、多くの人の心を打ち、家庭や職場を明るく、和やかなものにしていく力をもっています。そして「愛語よく回天の力あり」と説かれているように、その愛語はやがて社会全体を和やかにし、回り回って自分のところに帰ってくるのです。

『ひとつのことば』

ひとつのことばで けんかして
ひとつのことばで なかなおり

ひとつのことばで 頭が下がり
ひとつのことばで 心が痛む

ひとつのことばで 楽しく笑い
ひとつのことばで 泣かされる

ひとつのことばは それぞれに
ひとつの心を持っている

きれいなことばは きれいな心
やさしいことばは やさしい心

ひとつのことばを 大切に
ひとつのことばを 美しく

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/151-8b688e71
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛語(あいご)

菩薩が衆生を救うために用いる四つの方法である四摂法(ししようぼう)の一つ。すべての人に対して慈悲の心を抱き、慈悲の言葉をもって接すること。
(太陽出版、仏教日常辞典より)
 わたしたちは毎日多くの人と会い、言葉をかわしているのですが、心の伴わないうわべだけの挨拶やお礼の言葉を交わしてはいないでしょうか。何げない一言が相手を怒らせたり喜ばせたりしていることもあります。心の底から発せられた思いやりに満ちた言葉を、仏教では愛語といいます。
 道元禅師の正法眼蔵に 「愛語は愛心より起こる、愛心は慈心を種子(しゅうじ)せり」とあります。相手を思う心、慈しみの心から発せられた言葉が真の愛語と言えるのであり、心の伴わない言葉は、どんな優しい言葉でも愛語とは言わないのです。心の底から発せられた思いやりの一言は、相手一人のみならず、多くの人の心を打ち、家庭や職場を明るく、和やかなものにしていく力をもっています。そして「愛語よく回天の力あり」と説かれているように、その愛語はやがて社会全体を和やかにし、回り回って自分のところに帰ってくるのです。

『ひとつのことば』

ひとつのことばで けんかして
ひとつのことばで なかなおり

ひとつのことばで 頭が下がり
ひとつのことばで 心が痛む

ひとつのことばで 楽しく笑い
ひとつのことばで 泣かされる

ひとつのことばは それぞれに
ひとつの心を持っている

きれいなことばは きれいな心
やさしいことばは やさしい心

ひとつのことばを 大切に
ひとつのことばを 美しく

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。