涅槃会(ねはんえ)

涅槃会(ねはんえ)

スポンサーサイト

--------(--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涅槃会(ねはんえ)

2月15日はお釈迦様の御命日で、涅槃会(ねはんえ)と言います。
お釈迦様は29歳で出家され、6年間の苦行の末、35歳でお悟りを開かれ、その後45年間一日として休まれることなく、当時のインド各地をお巡りになり、尊い御教え説かれ、宇宙の真理を、また人間の本当の幸せとは何であるかということをお示しになられ、悩み苦しむ人々を救済されました。
80歳になられたお釈迦様は、クシナガラの町にさしかかった時、沙羅の双樹の下に頭を北に、お顔を西に、右わきを下にして横になられ、涅槃の時を迎えられました。
そして嘆き悲しむ弟子達に最後の御説法をされました。
「すべての者は移り変わり、どんな人でも必ず別れが来る。どうやらその時が来たようだ。たとえわたしの身体は滅びても、わたしの説いた教えは永久に残るだろう。その教えをみんながしっかり実行し、努力するならば、わたしは皆の心の中に常に生き続けるだろう。そして最後に頼れるのは自分をおいてほかにない。自分自身を寄りどころとし、心の灯(ともしび)として生きなさい。そして自分自身が世の中の灯となるような生き方をしなさい。」
これがお釈迦様の最後のお言葉であったことが「涅槃経」というお経に書かれております。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/156-b1d1325d
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

涅槃会(ねはんえ)

2月15日はお釈迦様の御命日で、涅槃会(ねはんえ)と言います。
お釈迦様は29歳で出家され、6年間の苦行の末、35歳でお悟りを開かれ、その後45年間一日として休まれることなく、当時のインド各地をお巡りになり、尊い御教え説かれ、宇宙の真理を、また人間の本当の幸せとは何であるかということをお示しになられ、悩み苦しむ人々を救済されました。
80歳になられたお釈迦様は、クシナガラの町にさしかかった時、沙羅の双樹の下に頭を北に、お顔を西に、右わきを下にして横になられ、涅槃の時を迎えられました。
そして嘆き悲しむ弟子達に最後の御説法をされました。
「すべての者は移り変わり、どんな人でも必ず別れが来る。どうやらその時が来たようだ。たとえわたしの身体は滅びても、わたしの説いた教えは永久に残るだろう。その教えをみんながしっかり実行し、努力するならば、わたしは皆の心の中に常に生き続けるだろう。そして最後に頼れるのは自分をおいてほかにない。自分自身を寄りどころとし、心の灯(ともしび)として生きなさい。そして自分自身が世の中の灯となるような生き方をしなさい。」
これがお釈迦様の最後のお言葉であったことが「涅槃経」というお経に書かれております。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。