がたぴし

がたぴし

戸や障子の建て付けが悪いと、ガタピシ音がして開け閉めに苦労します。即ち、ゆるんだり、震えたりして組立が粗末な様を指している言葉です。
彼岸は他人の幸福をも願う他利の世界、一方此岸は自分のことしか考えない我利の世界ですが、このガタピシ、ガタガタ等の言葉は、漢字を当てはめると我利の我に他利の他、彼岸の彼に此岸の此で「我他彼此」「我他我他」となり、仏教から来たものです。
仏教では全ての存在事象を互いに助け合う因縁によって説明するので、我も他も彼も此もそれぞれの縁に従ってスムーズに機能すると考えます。このバランスが崩れた時、我と他・彼と此の関係が勝手気ままに動き出し、建て付けの悪い戸のようにガタピシとなってしまうのです。
人間関係もガタビシしないように、それぞれの在るべき姿を尊重してガタのこない人生を過ごしたいものです。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/169-622ee3ff
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

がたぴし

戸や障子の建て付けが悪いと、ガタピシ音がして開け閉めに苦労します。即ち、ゆるんだり、震えたりして組立が粗末な様を指している言葉です。
彼岸は他人の幸福をも願う他利の世界、一方此岸は自分のことしか考えない我利の世界ですが、このガタピシ、ガタガタ等の言葉は、漢字を当てはめると我利の我に他利の他、彼岸の彼に此岸の此で「我他彼此」「我他我他」となり、仏教から来たものです。
仏教では全ての存在事象を互いに助け合う因縁によって説明するので、我も他も彼も此もそれぞれの縁に従ってスムーズに機能すると考えます。このバランスが崩れた時、我と他・彼と此の関係が勝手気ままに動き出し、建て付けの悪い戸のようにガタピシとなってしまうのです。
人間関係もガタビシしないように、それぞれの在るべき姿を尊重してガタのこない人生を過ごしたいものです。