おかげさま

おかげさま

日本語の中には外国語には訳しにくい、素晴らしい言葉がたくさんあります。外国語に訳しにくいということは、日本人の持つ独特の心情を表している言葉と言えます。その一つが「おかげさま」です。「お元気ですか?」「はい、おかげさまで」と、年輩の方ならこの「おかげさま」という言葉をよく使いますが、昨今若い方はあまり使わなくなってしまったようです。「おかげさま」「もったいない」「ありがたい」などという古来日本人が大切にしてきた、素晴らしい言葉が死語になりつつあるそうです。
「おかげさま」を漢字で書くと「御陰様」となります。この3文字の漢字の中で意味のある漢字は「陰」だけです。「御」も「様」も陰を丁寧に言うために付けた字です。
つまり「おけげさま」とは陰に隠れて見えにくいもの、根本にあるものに感謝するということです。
私たちは形に現れているものや結果に心を奪われやすいのですが、今あることのその本は何であるかということを考え、陰に隠れて見えにくいもの、しかし無くてはならないものに感謝の心を持つことが大切です。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/175-35d600b3
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

おかげさま

日本語の中には外国語には訳しにくい、素晴らしい言葉がたくさんあります。外国語に訳しにくいということは、日本人の持つ独特の心情を表している言葉と言えます。その一つが「おかげさま」です。「お元気ですか?」「はい、おかげさまで」と、年輩の方ならこの「おかげさま」という言葉をよく使いますが、昨今若い方はあまり使わなくなってしまったようです。「おかげさま」「もったいない」「ありがたい」などという古来日本人が大切にしてきた、素晴らしい言葉が死語になりつつあるそうです。
「おかげさま」を漢字で書くと「御陰様」となります。この3文字の漢字の中で意味のある漢字は「陰」だけです。「御」も「様」も陰を丁寧に言うために付けた字です。
つまり「おけげさま」とは陰に隠れて見えにくいもの、根本にあるものに感謝するということです。
私たちは形に現れているものや結果に心を奪われやすいのですが、今あることのその本は何であるかということを考え、陰に隠れて見えにくいもの、しかし無くてはならないものに感謝の心を持つことが大切です。