娑婆(しゃば)

娑婆(しゃば)

スポンサーサイト

--------(--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娑婆(しゃば)

仏教では私たちが住む人間界は「忍土」といって耐え忍ぶことが多く、地獄界や畜生界と同じく六道輪廻する苦しみの世界の一つと説いています。
自由のない堪え忍ばなければ生きていけない世界を娑婆や娑婆世界と言いますが、娑婆は仏教から出た言葉で、「忍耐」を意味するサンスクリット語「saha(サハー)」の音写です。
この世は内に煩悩があり、外は苦しみを耐え忍ばなければならない俗世であることから、「忍土」と漢訳され、そこから、江戸時代の遊郭では吉原を極楽に見立て、吉原の外を「娑婆」と言うようになりました。また罪を犯した人が一般社会に戻ることを娑婆に出るといいます。
拘束されている女郎達や罪人の立場からすれば、「娑婆(吉原や塀の外)」は自由な世界にあたるため、本来の意味とは正反対の意味として使われるようになったのです。
誰もが耐え忍ばなくてはならない世の中ですが、「耐える」よりも「許す」ことが出来れば、苦しみの世界から抜け出せる日も近いかも知れません。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/177-b87b4455
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娑婆(しゃば)

仏教では私たちが住む人間界は「忍土」といって耐え忍ぶことが多く、地獄界や畜生界と同じく六道輪廻する苦しみの世界の一つと説いています。
自由のない堪え忍ばなければ生きていけない世界を娑婆や娑婆世界と言いますが、娑婆は仏教から出た言葉で、「忍耐」を意味するサンスクリット語「saha(サハー)」の音写です。
この世は内に煩悩があり、外は苦しみを耐え忍ばなければならない俗世であることから、「忍土」と漢訳され、そこから、江戸時代の遊郭では吉原を極楽に見立て、吉原の外を「娑婆」と言うようになりました。また罪を犯した人が一般社会に戻ることを娑婆に出るといいます。
拘束されている女郎達や罪人の立場からすれば、「娑婆(吉原や塀の外)」は自由な世界にあたるため、本来の意味とは正反対の意味として使われるようになったのです。
誰もが耐え忍ばなくてはならない世の中ですが、「耐える」よりも「許す」ことが出来れば、苦しみの世界から抜け出せる日も近いかも知れません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。