自己を調える

自己を調える

スポンサーサイト

--------(--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己を調える

「一日一度は静かに坐って身体と呼吸と心を調えましょう」 臨済宗妙心寺派の生活信条の第一です.
インドを旅行したとき変わった格好をした老人を見て驚いたことがあります。全身を白く塗って素っ裸で街の中をを歩いています。行き交う人は驚いた様子もなく平然としています。ガイドさん聞くと「修行中の行者で、あれも修行の一つです。」という答えでした。インドでは今でも変わった修行をしている行者がたくさんいるそうです。
日本の仏教には多くの宗派があります。教典や教義の違いもありますが一つには修行の仕方が違うということが言えます。インドも日本も修行方法は違っても求めるところは同じです。みな「調えられた心の自己」を確立するためです。私たち禅宗の修行方法は坐禅です。この坐禅という修行方法が心を調えるのには一番いいと考えたのが、あの達磨大師です。坐禅は誰にでもできる簡単な修行方法の一つです。
心を調えるために 一日一度、短い時間でもいいから静かに坐禅をしましょうと言うことです。
調えられらた自己から正しいものの見方、正しい行動ができるようになります。   

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/194-20d9f434
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己を調える

「一日一度は静かに坐って身体と呼吸と心を調えましょう」 臨済宗妙心寺派の生活信条の第一です.
インドを旅行したとき変わった格好をした老人を見て驚いたことがあります。全身を白く塗って素っ裸で街の中をを歩いています。行き交う人は驚いた様子もなく平然としています。ガイドさん聞くと「修行中の行者で、あれも修行の一つです。」という答えでした。インドでは今でも変わった修行をしている行者がたくさんいるそうです。
日本の仏教には多くの宗派があります。教典や教義の違いもありますが一つには修行の仕方が違うということが言えます。インドも日本も修行方法は違っても求めるところは同じです。みな「調えられた心の自己」を確立するためです。私たち禅宗の修行方法は坐禅です。この坐禅という修行方法が心を調えるのには一番いいと考えたのが、あの達磨大師です。坐禅は誰にでもできる簡単な修行方法の一つです。
心を調えるために 一日一度、短い時間でもいいから静かに坐禅をしましょうと言うことです。
調えられらた自己から正しいものの見方、正しい行動ができるようになります。   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。