挨拶

挨拶

日常的に使われている「挨拶」という言葉は、禅寺で行なわれていた問答に由来しているのです。挨は「押す」ことで、拶は「せまる」という意味です。師匠が門下の僧に、または修行僧同士が、押し問答して、その悟りの深浅を試すことで、師が出会った弟子に軽く問うのが「挨」。弟子が強く答えるのが「拶」です。師に「汝に問う。・・・とはなんぞや」と、軽く聞かれた時、弟子が「答う。・・・とは・・・なり」と修行の成果を答えたのです。
禅寺で日常茶飯事のように、この「問答」-即ち「挨拶」-が行なわれていたのです。これが、転じて、知り合いに会ったり、初めての方に会ったりする時に交わす言葉を「挨拶」と言うようになったのです。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/198-9783e2fd
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

挨拶

日常的に使われている「挨拶」という言葉は、禅寺で行なわれていた問答に由来しているのです。挨は「押す」ことで、拶は「せまる」という意味です。師匠が門下の僧に、または修行僧同士が、押し問答して、その悟りの深浅を試すことで、師が出会った弟子に軽く問うのが「挨」。弟子が強く答えるのが「拶」です。師に「汝に問う。・・・とはなんぞや」と、軽く聞かれた時、弟子が「答う。・・・とは・・・なり」と修行の成果を答えたのです。
禅寺で日常茶飯事のように、この「問答」-即ち「挨拶」-が行なわれていたのです。これが、転じて、知り合いに会ったり、初めての方に会ったりする時に交わす言葉を「挨拶」と言うようになったのです。