お茶の話

お茶の話

スポンサーサイト

--------(--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶の話

鎌倉時代、中国宋のの国で禪を学んだ日本の僧が、中国の文化と共にお茶の種を持ち帰り、今日の本茶のルーツになりました。建仁寺の開山、栄西は1191年に多くの経典と一緒に、茶種を持ち帰り、筑前の背振山に植えられました。 これが「岩上茶」のおこりだといわれます。 また、栂尾の明恵上人に茶種を贈られたことも有名で、「栂尾茶」の始まりといわています。宇治の茶は、この栂尾から移されたものです。栄西は日本で初めてのお茶の本「喫茶養生記」を記しました。当時お茶は主に薬として飲用されていたようです。
聖一国師は、母への土産として国から持ち帰った茶の種を駿河(静岡県)栃沢から一山越した足久保村で育て、今の静岡茶になりました。
ちなみに日本茶、烏龍茶、紅茶などの違いは、同じお茶の葉で、製法上の違いです。
日本茶は摘んできたお茶を加熱して発酵酵素の働きを止めます。烏龍茶は半発酵、紅茶はしっかり発酵させたものです。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/199-145d8563
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お茶の話

鎌倉時代、中国宋のの国で禪を学んだ日本の僧が、中国の文化と共にお茶の種を持ち帰り、今日の本茶のルーツになりました。建仁寺の開山、栄西は1191年に多くの経典と一緒に、茶種を持ち帰り、筑前の背振山に植えられました。 これが「岩上茶」のおこりだといわれます。 また、栂尾の明恵上人に茶種を贈られたことも有名で、「栂尾茶」の始まりといわています。宇治の茶は、この栂尾から移されたものです。栄西は日本で初めてのお茶の本「喫茶養生記」を記しました。当時お茶は主に薬として飲用されていたようです。
聖一国師は、母への土産として国から持ち帰った茶の種を駿河(静岡県)栃沢から一山越した足久保村で育て、今の静岡茶になりました。
ちなみに日本茶、烏龍茶、紅茶などの違いは、同じお茶の葉で、製法上の違いです。
日本茶は摘んできたお茶を加熱して発酵酵素の働きを止めます。烏龍茶は半発酵、紅茶はしっかり発酵させたものです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。