念珠(ねんじゅ)

念珠(ねんじゅ)

スポンサーサイト

--------(--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念珠(ねんじゅ)

数珠(じゅず)ともいいます。菩提樹などの実をつないで輪とし、仏教との証(あかし)として、特に仏様を礼拝するときに手にかけます。108の煩悩を消滅させるためのものでもあり、珠の数が108のものを正式な本連、半分の54のものを半連、さらにその半分のものを四半連といいます。最近では手首にはめるクセサリーとしての数珠をもよく見かけます。108は公約数の多い数です。念珠はむやみにもんで音をたてるものではありません。手首にかけるときは左手です。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/205-5de3bcbe
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

念珠(ねんじゅ)

数珠(じゅず)ともいいます。菩提樹などの実をつないで輪とし、仏教との証(あかし)として、特に仏様を礼拝するときに手にかけます。108の煩悩を消滅させるためのものでもあり、珠の数が108のものを正式な本連、半分の54のものを半連、さらにその半分のものを四半連といいます。最近では手首にはめるクセサリーとしての数珠をもよく見かけます。108は公約数の多い数です。念珠はむやみにもんで音をたてるものではありません。手首にかけるときは左手です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。