あべこべ

あべこべ

スポンサーサイト

--------(--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あべこべ

物事の順序や位置、関係などが本來の逆になっていることを、「あべこべ」といいますが、この言葉は江戸時代から用いられるようになり、「彼辺(あべ)此辺(こべ)」または「彼方(あべ)此方(こべ)」と書かれます。『両京俚言考』では「あちらべ こちらべ」の略とされ、いずれも「彼(あ)」と「此(こ)」に通じています。「彼(あ)」や「此(こ)」は「あれこれ」や「あちこち」など対で用いられ、「あべこべ」も単独で用いられることはありません。
以前彼岸と此岸(しがん)の教えから「かれこれ」や「がたぴし」という言葉が生まれたことを紹介しました。読み方は違いますがよく似ています。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/213-18dd4408
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あべこべ

物事の順序や位置、関係などが本來の逆になっていることを、「あべこべ」といいますが、この言葉は江戸時代から用いられるようになり、「彼辺(あべ)此辺(こべ)」または「彼方(あべ)此方(こべ)」と書かれます。『両京俚言考』では「あちらべ こちらべ」の略とされ、いずれも「彼(あ)」と「此(こ)」に通じています。「彼(あ)」や「此(こ)」は「あれこれ」や「あちこち」など対で用いられ、「あべこべ」も単独で用いられることはありません。
以前彼岸と此岸(しがん)の教えから「かれこれ」や「がたぴし」という言葉が生まれたことを紹介しました。読み方は違いますがよく似ています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。