主人公

主人公

 劇などの主役のことを「主人公」と言いますが、これも仏教から来た言葉です。
 唐の時代、浙江省に瑞巌和尚という名僧がおりました。瑞厳和尚は、毎日自分自身に向かって「主人公」と呼びかけ、また自分で「ハイ」と返事をしていました。「はっきりと目を醒ましているか」「ハイ」「物事に惑わされていないか」「ハイ」「主人公を見失っていないか」「ハイ」といって、毎日ひとり言をいっておられたそうです。
 ここでいう主人公とは、劇などの主役のことではありません。家庭の主人のことでもありません。もちろん、会社の社長でもない。人間一人ひとりの主体的な人格のことです。
 私たちは、とかく自分というものを見失いがちです。とくに今日、私たちをとりまく環境はめまぐるしく変化し、外のものに目を奪われている間に、自己を喪失しやすくなっています。そこで、いつも主体的な自分というものを、はっきりと自覚していなければなりません。「おい、主人公、目を覚ましているか」と本来の自己を覚醒しなければならないのです。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/214-2d156553
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

主人公

 劇などの主役のことを「主人公」と言いますが、これも仏教から来た言葉です。
 唐の時代、浙江省に瑞巌和尚という名僧がおりました。瑞厳和尚は、毎日自分自身に向かって「主人公」と呼びかけ、また自分で「ハイ」と返事をしていました。「はっきりと目を醒ましているか」「ハイ」「物事に惑わされていないか」「ハイ」「主人公を見失っていないか」「ハイ」といって、毎日ひとり言をいっておられたそうです。
 ここでいう主人公とは、劇などの主役のことではありません。家庭の主人のことでもありません。もちろん、会社の社長でもない。人間一人ひとりの主体的な人格のことです。
 私たちは、とかく自分というものを見失いがちです。とくに今日、私たちをとりまく環境はめまぐるしく変化し、外のものに目を奪われている間に、自己を喪失しやすくなっています。そこで、いつも主体的な自分というものを、はっきりと自覚していなければなりません。「おい、主人公、目を覚ましているか」と本来の自己を覚醒しなければならないのです。