達磨(だるま)

達磨(だるま)

10月5日は達磨忌(だるまき)、達磨大師の命日です。達磨と言うと起き上がり小坊師、雪だるま、選挙の時の赤達磨などのイメージが強く、実在の人物だと知らない方も多いようです。達磨は今から約1500年前、南インドの国王の第三王子として生まれ、坐禅こそが仏心に目覚めるのにもっともふさわしい近道だと唱えた禅宗の初祖で、正式には初祖菩提達磨円覚大師といいます。だるまは、サンスクリット語「Bodhi-dharma」の音写「菩提達磨」の略で、「dharma」の原義は「法」を意味します。インドから中国に渡り、 魏の嵩山(すうざん)にある少林寺で面壁九年を行い、その坐禅によって手足が腐ったという伝説から、手足のない達磨のイメージができたといわれています。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/220-973bbae0
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

達磨(だるま)

10月5日は達磨忌(だるまき)、達磨大師の命日です。達磨と言うと起き上がり小坊師、雪だるま、選挙の時の赤達磨などのイメージが強く、実在の人物だと知らない方も多いようです。達磨は今から約1500年前、南インドの国王の第三王子として生まれ、坐禅こそが仏心に目覚めるのにもっともふさわしい近道だと唱えた禅宗の初祖で、正式には初祖菩提達磨円覚大師といいます。だるまは、サンスクリット語「Bodhi-dharma」の音写「菩提達磨」の略で、「dharma」の原義は「法」を意味します。インドから中国に渡り、 魏の嵩山(すうざん)にある少林寺で面壁九年を行い、その坐禅によって手足が腐ったという伝説から、手足のない達磨のイメージができたといわれています。