縁起(えんぎ)

縁起(えんぎ)

「縁起がいい」「縁起が悪い」など、吉凶の前兆の意に使われることばですが、本来は、この世に於ける一切のものは因(結果を生む直接のもと)と縁(結果に導く間接のもと)によって生ずるという言葉「因縁生起」の略です。縁起をかつぐ、縁起を祝う。縁起物、縁起直しなど広く使われます。
もともとの「縁起」は、転じて物事の始まりを意味し、特に寺社などの由来を指すことばになります。皆さんもお参りしたお寺で「○○寺縁起」というパンフレットなど戴きますね。
ついでに、「げんをかつぐ」「げんが悪い」という時の「げん」も、もとは「縁起」で、江戸時代大阪辺りで「ぎえん」とひっくり返して使ったのが始まりだそうです。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/222-97689afd
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

縁起(えんぎ)

「縁起がいい」「縁起が悪い」など、吉凶の前兆の意に使われることばですが、本来は、この世に於ける一切のものは因(結果を生む直接のもと)と縁(結果に導く間接のもと)によって生ずるという言葉「因縁生起」の略です。縁起をかつぐ、縁起を祝う。縁起物、縁起直しなど広く使われます。
もともとの「縁起」は、転じて物事の始まりを意味し、特に寺社などの由来を指すことばになります。皆さんもお参りしたお寺で「○○寺縁起」というパンフレットなど戴きますね。
ついでに、「げんをかつぐ」「げんが悪い」という時の「げん」も、もとは「縁起」で、江戸時代大阪辺りで「ぎえん」とひっくり返して使ったのが始まりだそうです。