得体が知れない

得体が知れない

スポンサーサイト

--------(--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得体が知れない

どうにも正体不明の人物の事を「得体が知れない」などと言いますが、その「得体」とは本来は「衣体」と書きます。(あるいは為体)
昔は僧侶の宗派や格式は、着ている衣の色で識別できたので「衣体が知れない」というのは、どこの宗派か、どのくらいの格式なのか判断できないという意味だったのです。
為体と書く「えたい」は、訓読みでは「ていたらく」と読みます。
現在では「この有様」などと言う感じで、あまり良い意味では使用しませんが、元々は「実体」の事を言う言葉だったのです。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/223-ea1c1a48
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

得体が知れない

どうにも正体不明の人物の事を「得体が知れない」などと言いますが、その「得体」とは本来は「衣体」と書きます。(あるいは為体)
昔は僧侶の宗派や格式は、着ている衣の色で識別できたので「衣体が知れない」というのは、どこの宗派か、どのくらいの格式なのか判断できないという意味だったのです。
為体と書く「えたい」は、訓読みでは「ていたらく」と読みます。
現在では「この有様」などと言う感じで、あまり良い意味では使用しませんが、元々は「実体」の事を言う言葉だったのです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。