和尚(おしょう)

和尚(おしょう)

スポンサーサイト

--------(--)  スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和尚(おしょう)

「山寺の和尚(おしょう)さんは……」と、童謡にも登場する和尚さんは、僧を親しんだ呼び名として、おなじみになっています。
この「和尚」は、インドの俗語「オッジャー」を音訳した語で、先生とか、親しく教えてくれる師匠とかの意味です。インドの宗教界で広く用いられ、仏教にもとり入れられました。その後、弟子をとる資格のある僧、授戒の時の僧や、高徳の僧を指したり、一時は官名にもなったりしたようですが、今では、僧一般を親しく呼ぶ語となっています。
しかしその呼び方は
禅宗:和尚(おしょう)、方丈(ほうじょう)
真言宗:和尚(わじょう)
天台宗:和尚(かしょう)
浄土宗:和尚(おしょう)
浄土真宗 ご院(ごいん) 院主(いんじゅ)
日蓮宗:お上人(おしょうにん)
など宗派によって様々です。 
また地方によっては
「おっさま」  和尚さま→おしょうさま→「おっさま」
「ごえんじゅ」  寺院の主→院主(いんじゅ)→御院主(ごいんじゅ)→「ごえんじゅ」
「ごえんさん」  ご院さん→「ごえんさん」
「ごぜんさん」  ご前さん→「ごぜんさん」
 などとも呼ばれているようです。

Comment

 ※コメントの修正・削除の際に必要です

Trackback

このエントリーのトラックバックURL
http://jijiin.blog46.fc2.com/tb.php/252-c402f0df
引用して記事を書く(FC2ブログ用)

前のページに戻る

このページの上部へ



風景(本堂) 石積み(本堂) 彼の岸(本堂) 橋(本堂) 三個の石(客殿) 峡(客殿) 五十二の石(客殿) 山流水不流(客殿) 山川草木(客殿) 滝(客殿) 礎(客殿)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和尚(おしょう)

「山寺の和尚(おしょう)さんは……」と、童謡にも登場する和尚さんは、僧を親しんだ呼び名として、おなじみになっています。
この「和尚」は、インドの俗語「オッジャー」を音訳した語で、先生とか、親しく教えてくれる師匠とかの意味です。インドの宗教界で広く用いられ、仏教にもとり入れられました。その後、弟子をとる資格のある僧、授戒の時の僧や、高徳の僧を指したり、一時は官名にもなったりしたようですが、今では、僧一般を親しく呼ぶ語となっています。
しかしその呼び方は
禅宗:和尚(おしょう)、方丈(ほうじょう)
真言宗:和尚(わじょう)
天台宗:和尚(かしょう)
浄土宗:和尚(おしょう)
浄土真宗 ご院(ごいん) 院主(いんじゅ)
日蓮宗:お上人(おしょうにん)
など宗派によって様々です。 
また地方によっては
「おっさま」  和尚さま→おしょうさま→「おっさま」
「ごえんじゅ」  寺院の主→院主(いんじゅ)→御院主(ごいんじゅ)→「ごえんじゅ」
「ごえんさん」  ご院さん→「ごえんさん」
「ごぜんさん」  ご前さん→「ごぜんさん」
 などとも呼ばれているようです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。